一時支援金、申請前に登録確認機関での事前確認が必要です〜 無料でお受け致します

中小法人等が最大60万円、個人事業主等が最大30万円もらえる
緊急事態宣言の影響緩和に係る 一時支援金の申請申込みが
3月8日(月)からはじまっています。
期限は5月31日(月)までです。

この一時支援金、申請前に登録確認機関で事前確認を受け
事前確認通知番号を発行してもらう必要があります。

申請までの流れ

・一時支援金の給付対象となるかの確認
     ↓
・一時支援金事務局のWEBサイトで申請者アカウントを作成
     ↓
・事前確認に必要な書類準備
     ↓
・登録確認機関に事前確認の予約
     ↓
・事前確認、事前確認通知番号の発行
     ↓
・申請に必要な書類準備
(書類をPDF、JPG、PNG形式によりデータ化)
     ↓
・申請


の流れになります。


まずご自身の会社等が給付対象となるかの確認を必ずして下さい。
「2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や
不要不急の外出・移動の自粛により、売上が50%以上減少した
中小法人・個人事業者等」が給付対象で、売上減少要件があります。
給付対象になるか等の詳細についてはリンクを貼っときますので
ご確認いただければ、と思います。

経済産業省「緊急事態宣言の影響緩和に係る 一時支援金の詳細」


申請後は、一時支援金事務局で審査が行われます。
申請から給付までの期間ですが、現状ではわかりませんが
それほど遅くなならないとは思います。
遅くなると政府が国民から叩かれますので。

登録確認機関による事前確認

事前確認を登録確認機関に依頼する

一時支援金の申請をする前に登録確認期間に事前確認を依頼し
事前確認通知番号を発行してもらう必要があります。

この登録確認機関ですが、例えば認定支援機関、税理士事務所の場合
それらの機関等が自ら事前確認の登録確認機関に登録する必要が
あります。ですので税理士と顧問契約を締結している場合は、
その税理士に事前確認をしてもらうのがベストだと思いますが、
その税理士が登録確認機関に登録しないと事前確認をして
もらうことはできません。
尚、当事務所では先日やっと登録完了となりました。
申請してから約2週間かかりました。
先日、軽く登録確認機関を検索しましたが、少ないな、という印象です。
恐らくこれから登録申請する機関等は増えるでしょうが申請から
登録完了までは時間がかかるかもしれません。

必要書類

※経済産業省HPより


まずは、一時支援金事務局のWEBサイトで申請者アカウントを
作成します。リンクを貼っときます。

一時支援金事務局のWEBサイト

そして、上記の書類を揃えます。普通に事業を行っている
事業者であれば問題ないかと思います。

内容

・帳簿等の書類の有無
・給付対象の理解等に関する質疑応答等の確認等
を行います。
この事前確認は、給付対象であるかの判断は行う
ものではありません。あくまでも申請前の事前確認です。
持続化給付金で不正受給が結構あったようですので、
それを防ぐための手続きです。

事前確認、無料でお受けします

当事務所は、認定支援機関として登録確認機関に登録済みです。
事前確認をしてほしい、という方がいらっしゃれば無料でお受けします。
ただし、申請者の会社で事前確認を行う場合等、交通費が発生する
ときはその実費は負担していただきます。

この事前確認、WEB(Zoom等)か対面で行うことになっておりますが、
当事務所では、対面での確認をメインとさせていただきます。
事前確認では確定申告書、帳簿書類の書類有無を確認する必要があり
対面の方がスムーズだからです。
これらの書類等についてZoomでの画面共有が問題ない、ということで
あればZoomでの事前確認もお受けします。

当事務所は練馬区にございますので、練馬区もしくは
その近郊事業者の事前確認を想定しております。

私の予定が許す範囲のみでの引き受けとなりますので
希望する事業者の方は早めにご連絡ください。

申込みは、一時支援金事務局HPに当事務所のメールアドレスが
公開されておりますので、そこからご連絡いただくか、下記のお問い合わせ
フォームより申込みください。
尚、電話で申込みたい(一時支援金事務局HPに当事務所の電話番号も
公開されている)場合ですが留守番電話にメッセージを残してください。
後日こちらからご連絡いたします。

4月5日追記 
・電話での事前確認問い合わせ・申込みは中止とさせていただきます。

4月19日追記 
・申請者の会社等に訪問しての事前確認は中止とさせていただきます。
・4月の事前確認受付は申し込み多数のため終了とさせていただきます。

一時支援金 登録確認機関検索

Follow me!