経営者のお悩みNo1「キャッシュ」。

キャッシュが枯渇すると黒字でも会社は倒産してしまいます。
逆に、赤字でもキャッシュがあると会社は倒産しません。

会社の経営は、この「キャッシュ」を重視した経営が必要です。

サービス内容

このサービスは、「顧問先の将来の資金繰りをウォッチし、キャッシュを
増やすための検討をすること」
です。

社長の頭の中では漠然と将来のキャッシュを計算しています。
これを数字化してグラフに落とし込み、それから実行可能なことで
将来の資金繰り対策を検討します。

過去ではなく「未来」の資金繰りを検討するサービスです。

損益の予実管理、資金繰りの予実管理というサービスもありますが
これらを会計事務所に依頼すれば、多くの時間・それなりのお金が
かかってしまいます。

「時間をかけずに将来の資金繰りを検討し、対策を講ずる」ことが
このサービスの最大の特徴です。

この新サービスは、将来の資金繰りを予測・対策を検討するので
将来資金繰りでピンチにならないようにする、いわば「保険」という
考え方もできます。

下記のお悩むがある経営者様向けです

・資金繰りは大丈夫?きちんと確認したいが時間がない

・資金繰りは誰かに任せて安心してビジネスに集中したい

・事業計画、予算策定、予実管理・・・面倒なことはやりたくない

・キャッシュを増やすにはどうしたらいい?

・原価率の削減がキャッシュに与える影響を知りたい

・減価償却費?残高試算表はよくわからない、けどキャッシュは把握したい

キャッシュのお悩みについて上記の1つでも当てはまれば
一度相談していただければ、と思います。無料相談実施しております。

資金繰りは本来会社の財務部長の仕事

財務部長は企業の財務を管理する責任者のことです。
大企業では資金調達・銀行借入れなどが頻繁に行われるため
必ずこの役割を担う人がいます。

しかし、中小・零細企業ではこの役割りを担う人がおらず
社長が兼務していることが多いのが現状です。

新サービスを提供することで、社長の兼務を解き「
社長に本業に集中してもらう」ことを目的としております。
社長に本業に集中してもらうことにより、
売上アップに貢献できれば、と思う次第です。

通常、財務部長を雇えば、年間600万円前後の費用(+法定福利費など)
がかかります。この新サービスは、通常財務部長が行う仕事を格安で
提供できるのも特徴の1つです。

資金繰り予測・対策の一例

例えば、飲食店を営む会社があったとします。
過去データ、将来の売上・人件費などから勘案して
このままでは1年後にはキャッシュがなくなる状況だったとします。
原価率を1%下げると1年後のキャッシュはどうなるのか、
買掛金の支払いを半月遅らせれば資金繰りはどうなるのか、
人件費を10%減らせば1年後のキャッシュはどうなるのか、などを検討し、
そのデータを入力すると「すぐに」1年後のキャッシュの状態がわかります
(予測します)。
これらの中で実際に将来のキャッシュ対策で実行可能なものを実行していこう、
という内容になります。

料金

本来であれば、毎月の試算表作成とセットであれば
この資金繰りサービスは、より可能性の高い将来予測になります。


資金繰りサービスの料金体制は、

 ①月額/20,000円(税抜、毎月訪問して打ち合わせ)

 ②月額/15,000円(税抜、3ヶ月に一度訪問して打ち合わせ、分析自体は毎月行う)

の2通りの料金体制とさせていただいております。